AGED-WAGYU

一生をかけて熟成されていく

熟成とは、一般的に「ドライエイジング」と「ウエットエイジング」によるものと言われていますが、出産を終えた母牛を再肥育することでも肉質が変化し、アミノ酸などの旨味成分が凝縮され、熟成された肉になります。

和牛は、月齢が進むにつれて不飽和脂肪酸が増え、脂肪融点が下がり、脂質が向上していき風味が豊かになります。また、アミノ酸濃度も上がるため、旨味が凝縮された深い味わいの肉質となります。

「サステナブル和牛 熟」は、長い年月を掛けて生き、丹念に再肥育された母牛の肉であり、ほどよい脂と和牛本来の風味を感じられ、若牛とは違った濃い味わいを楽しみながら飽きずに食べることが出来る和牛なのです。