最高の母和牛

母牛(経産牛)をただ飼育するのではなく、本当に美味しいお肉を求めて辿り着いた母牛の飼育技術が『Juku Refeeding Program』です。そこから生まれたのが『サステナブル和牛熟』。日本初のSDGs畜産ブランドです。

サステナブル和牛熟は「健康に育った牛は美味しい」という思いのもとに再構築された母和牛のブランドです。母牛の健康を第一に考えています。
飼料は稲わら、とうもろこしやフスマなどを原料とする独自の配合飼料に加え、良質な食品製造副産物を使った発酵TMRを与えています。この飼料にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。出荷まで切らすことなくビタミン・ミネラルを給与しています。
また、飼料には3種類の菌(酵母菌・枯草菌・乳酸菌)を配合し、より健康的な飼育に配慮しています。

特徴
「濃い肉味」と「和牛の脂の香り」を兼ね備えた牛肉で、赤身と脂のバランスが良く、濃厚な肉味は究極の赤身肉です。いつまでも飽きずにたべることができます。

熟がサステナブルな理由
経産牛=廃用牛と呼ばれていた母和牛のポテンシャルを最大限に引き出し、潜在価値を高め、テーブルミートへと昇華させています。
また、飼料には良質な食品製造副産物(さつまいも、醤油粕、豆腐粕、そば、フルーツ等)を配合しています。そして、亜麻仁油を加工した飼料を給与することで牛のゲップに含まれる温室効果ガスを減らす取り組みも行っています。
サステナブル和牛熟がサステナブルな理由はここにあります。

Juku Refeeding Programを通じて生産されたお肉を通じて持続可能な世界に貢献できるよう、「経産牛」ではなく「サステナブル和牛」と。母牛の一生をかけて熟成された肉質のを特徴とすることから「熟」。あわせて「サステナブル和牛熟」と名付けました。