株式会社銀閣寺大西

株式会社大恵


日本畜産輸出促進コンソーシアム

コロナ禍で行き場を失った食材のフードロスをきっかけに、SDGsの目標の一つである「つくる責任、つかう責任」等を意識する先が増加傾向にあります。

このコロナ禍で変わりつつある新たな価値観に対応し、再肥育を行った経産牛を推進していきます。

子牛の生産といった、畜産業界にとって重要な役割を担っている母牛を「廃用」から「テーブルミート」へと価値を高め、「つくる責任」と果たし、畜産業界のサステナブルな取組へと繋げることを目的として㈱銀閣寺大西、㈱大恵、㈱熟豊ファームで構成する団体です。

これまで輸出に供されていなかった経産牛の輸出により、新たな日本産牛肉の輸出カテゴリーが増え、日本畜産業界の「サステナブルな取組み」を広く認知させることで新たな「こだわり」を生み出し、繋げていくことで新たなグローバルフードバリューチェーンを構築します。


熟豊Bond Group 

経産牛の肥育は自社農場だけでなく、優秀な実績のある農場への委託も行っています。こうすることでより多くの経産牛の肥育を手掛けることができるだけではなく、自社農場と委託農場間で肥育技術を共有することにより切磋琢磨し、より品質の良い肉の生産につなげています。常に肥育に対して向上心を持ち、よりよい肥育方法を日々研究し、前例踏襲にとらわれることなく様々なノウハウを取り入れ、改良を重ねることを心がけています。

こうして努力を続け、低コストで高品質な牛肉の生産方法を確立することにより、経産牛の販路拡大につながり、近年減少している牛の生産農家の手助けになれば、食肉業界、畜産業界に大きく貢献できるものと考えています。